胎盤に含まれる成分の中には、「タンパク質」があります。

人の体は、水分が体重の65%を占めており、次に多いのがタンパク質だと言われています。

タンパク質が占める割合は16%で、脂肪が14%、無機質が5%となっているそうです。

主にタンパク質が、体内で作っているものは髪の毛、筋肉、血管、皮膚、骨、脳、血中タンパク、そして細胞、これらはタンパク質の種類に分離される、ケラミン、ミオシン、コラーゲン、リポタンパク、アルブチンなどの各種タンパク質から作られているため、人間の全てをタンパク質が作っているといっても過言ではないのです。

体内のタンパク質は、毎日少しずつ入れ替わることで、だいたい1ヵ月(約30日)で全身の半分が新しくなると言われています。タンパク質は体内で貯蓄されることはなく、その日消化された文は、その日の内に補給されているのです。

ストレスを強く受けた時などは、必要なタンパク質の量が必要になるので注意が必要です。タンパク質が不足すると体のバランスが崩れてしまいますので、常に摂取することを心がけてください。

特に成長期の子供の場合は、毎日体重の倍の量のタンパク質を食べる必要があります。

そして、この摂取するタンパク質はできる限り体内バランスが良くて、質の良い物を選んで補給したほうが良いので気を付けて下さい。

例えば、たんぱく質は、アミノ酸の集合体と言われています。その、アミノ酸こそ良質なタンパク質です。たんぱく質の良し悪しは、この必須アミノ酸のバランスによって決まるので、必須アミノ酸の理想バランスの量を「100」として表すことに決めたプロテインスコアという「タンパク質価」を基準に食品のタンパク質の良し悪しが判断されますので、お調べになって摂取すると良いかと思います。
お調べになる際にはプラセンタ 通販を利用してみてください。きっとお役にたてるとおもいます。